仲代達矢が語る 日本映画黄金時代

仲代達矢が語る 日本映画黄金時代

作者: 春日 太一

ISBN: 9784569804187 出版时间: 2013-01-17

出版社: PHP研究所

春日 太一 0 0 0
关注公众号

推荐关注公众号

公众号每日会推送免费电子书,推荐大家关注。

请扫码关注微信公众号,或者公众号搜索“ebookcn”

如有问题需联系,也请关注公众号,联系方式均在公众号提供。

役者になって60年。 80歳を迎える仲代達矢がこれまでの作品を振り返る。 日本映画は昭和20年代から30年代は黄金時代。 ちょうどその頃、仲代達矢はデビューした。 俳優座養成所でのこと、小林正樹、岡本喜八、黒澤明ら名監督との出会い、高峰秀子、原節子、勝新太郎といった有名俳優との仕事などを回想する。...
役者になって60年。
80歳を迎える仲代達矢がこれまでの作品を振り返る。
日本映画は昭和20年代から30年代は黄金時代。
ちょうどその頃、仲代達矢はデビューした。
俳優座養成所でのこと、小林正樹、岡本喜八、黒澤明ら名監督との出会い、高峰秀子、原節子、勝新太郎といった有名俳優との仕事などを回想する。
映画会社の専属にならない、当時としては珍しいフリーの立場を貫いた。
一年の半分を映画、もう半分を舞台ときっちりわけて仕事をしてきた俳優だからこそ、日本映画の盛衰を冷静に見ていた。
現在の映画界についても鋭く語る。

序章 役者になるまで
第1章 俳優デビューと『人間の條件』
第2章 黒澤明との仕事―『用心棒』『椿三十郎』『天国と地獄』
第3章 京都の撮影所と時代劇―『炎上』『鍵』『股旅三人やくざ』『切腹』
第4章 仏の喜八との日々―『大菩薩峠』『殺人狂時代』『激動の昭和史沖縄決戦』
第5章 成瀬巳喜男、木下惠介と女優たち
第6章 前衛、左翼、俳優座
第7章 五社英雄と名優たちの情念―『御用金』『人斬り』『闇の狩人』『鬼龍院花子の生涯』
第8章 黒澤明と勝新太郎―『影武者』『乱』
第9章 小林正樹の挫折、映画界の黄昏―『上意討ち』『怪談』、幻の『敦煌』
勝新太郎ら名優たちとのエピソードを交えて、演技や映画を論じる。黒澤明ら名監督との出会いや仕事、京都撮影所、時代劇についても語る。